2014年11月15日

ジイジのGIY?(DIY)

CUT_203.jpg

 料理の秋、DIYの秋です。

 孫のウータンは3歳になり、ママごと遊びが大好きです。
 「ジイジ、フライパン作って」と言ってきたので作る事に。

 鉢の受け皿を使い、柄は木で作ります。
 ついでに、両手で持つ鍋も作ります。

 もう一つついでに、コンロも作っちゃう。箱の上に五徳を書く。
 前面には電気部品のスィッチ付ボリュームを使い、つまみを回して使う。
 つまみはカチット音がして回し、弱火・中火・強火の印を書いた。DSCI6529.jpg
 
 ジイジの作るものは、「手間はかけるが お金はかけない」がモットー!
 あるもので何とか作ってしまう。

 ウータンの料理も同じです。
 具材は、あるものなんでもです。
 木の実・ゴーヤの種、木の等の端材、変わった物では、ジイジが使うネジ・ボルト・ナットなど等。

 そして、「ジイジ 出来たよ 食べて!」
 「あ・おいしー!」 DSCI6570.jpg

 
 実は、ジイジ、定年退職をする年に 何か役に立つかもと、DIYアドバイザーの資格を取りました。
 しかし、ほとんど役に立っていませんでした。 DIYアドバイザー2014.jpg
 

 でも、このところ DIYが役に立っています。

 DIYではなく、GIY爺IY に変化してしまった!

 孫のウータンが喜んでいるのを見て、にんやり! 



posted by hinatabokko at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

部屋の飾り&ピアノ講座

CUT_203.jpg
 


 久しぶりの更新です。
 すでに もう秋ですネー!

 部屋の模様替えをしたので、壁の飾りも少し作りました。

 最初の物は、欅(ケヤキ)の板があったので縁を斜めに切り落とし、
磨いてニスを塗った。
 壁への取り付けは、金具等が見えない様に工夫する。
 この上に乗っているものは、魚に見えるペーパーナイフです。
 材は、ナイフの柄(ハンドル)に使うウッドマイカルタと言う物で、
薄くテ−パー状に削るときれいな模様が出てきます。     
         IMGP0082.jpg


 次の物は、高野槙(コウヤマキ)の板で飾りの物を乗せる台を付けた。
 乗っているものは、梟(フクロウ)です。
 フクロウは「福来ろう:福が来る」や「不苦労:苦労がない」などいわれ
いずれも縁起が良いと言われています。       
                            IMGP0086.jpg


S05_044.jpg

 さて、私こと65歳のジィジは、ピアノ講座を受ける事になりました。
 なんで今? 私が?
 妻がサックスをしていて、練習になればと数年前にキーボードを買ったものの
あまり使っていなかった。
 市の広報誌に[初心者のためのピアノ入門講座]が8回:2,000円で応募していた。
 これを見て、お父さん行って来たら! と、のせられてしまい応募したところ、
抽選で選ばれてしまった。
 
 この歳で、ピアノを触るのは生まれて初めて。
 心配やら! ドキドキやら! そして講座が始まった!
 先生は、若くてかわいく とても上手に教えてくれます!
 毎回、やさしい先生の笑顔が見たくてガンバリました!
 (これも先生に褒められたくて!)

 頭も手も硬いジィジは、朝・昼・夕方そして夜寝る前も猛練習。
 それで、なんとか簡単な曲は両手を使い弾く事が出来る様になりました。
 
 そして、講座の最終日にミニコンサートと称し発表会がありました。
 私は、2番目です。 曲は[聖者の行進]  
 S05_038.jpg
  IMGP0088.jpg  
 ドキドキです。
 グランドピアノの前で礼をして 深呼吸をし演奏開始。
 リズムは一定で刻み、落ち着いて大きなミスもなく 無事演奏出来た!
 良かった! ほっとした! 
 こんな緊張感!・・・何十年ぶりか?
posted by hinatabokko at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

東北キャンプ旅行 Part-2

CUT_203.jpg


H26.東北ルート.jpg

今年も東北へキャンプ旅行に行ってきました。

 ※まず、今回の大体のルートを地図に書きました。(地図・写真は拡大できます)
  紺色のルートが今年のルートで、左下から北へ進み、青森県から
  右下へと南下して来ました。
  地図の中の番号は、記事の中の写真の番号です。

 






  5月下旬に出発、長野県栄村の道の駅・山形県の道の駅あつみに泊ったあと、
  庄内町・新庄市経由で秋田県に入りました。

 秋田県からキャンプ旅行本番。 
1.まず、湯沢市の南方面にある 東山森林公園キャンプ場。
 広い森林公園で標高は、約300m。
 広々としたいい所です。夜はおもいきり焚火した。

 DSCI5511.jpg

 ここから県境の山に向かい、三途川渓谷・桁倉沼・小安峡に来た。
 湯沢市に入り、スキー場の横にある市民の森キャンプ場に泊る。

DSCI5548.jpg


2.横手市の大松川ダムに行くと芝桜がきれいに咲いていた。



DSCI5541.jpg




3.美郷町の仏沢公園のキャンプ場に来た。
 3日連続無料のキャンプ場で、毎晩焚火をしていた。



DSCI5562.jpg





4.少し北の真木渓谷に来ると、道路の山側が滝になっている。涼しい!
フィルムカメラの出番です。







 大仙市の町を横断し、安い温泉を見つけ入った後キャンプ場に行くと閉鎖。
 しかたなく道の駅かみおかに泊る。
 
 
DSCI5579.jpg


5.次の日北へ走り、角館の町に入り武家屋敷通を歩く。
  話には聞いていたがすごい屋敷ばかりです。庭の木も大木が多い。


DSCI5609.jpg




6.更に北へ走り、田沢湖に来た。日本一深い湖だそうです。私は泳げないので落ちたら大変!
  金ピカのたつこ像が水の中で立っている。







 この田沢湖で泊まろうと思っていたが、キャンプ場料金が高いのでやめた。
 駒ヶ岳温泉(250円)に入った後、少し北にある玉川ダムに来て駐車場に泊る。

DSCI5647.jpg


7.次の日、北に向かい走っていると 道路脇に水が吹き出している。これも涼しそう!



DSCI5663.jpg



8.八幡平に来た。この辺りは今回の見どころのメインになる所です。
 山道を走り標高が上がって来ると残雪があちらこちらにあります。
 ブナの木の 根本あたりの雪が解け窪んでいます。  



 今夜の泊りは、大沼キャンプ場。 
 隣のキャンパーから山菜天ぷらの差し入れ! 揚げたてでウマイ!

 次の日、更に北へ走り鹿角市経由で小坂町に来た。
 郷土館に入りこの町について学ぶ。以前鉱山の町で発展し明治の後期には、秋田県で2番目の町だったそうです。
 
9.町の北に七滝がある。前には水車小屋もあり田舎の感じです。
 久振りにフィルムカメラの出番です。 
10.雨が降り出したので、すぐ前の道の駅七滝に泊り、建物の中の休憩所で夕食。 

DSCI5721.jpg DSCI5723.jpg

  次の日、北東に走り青森県に入る。
11.道の駅しんごうに来た。この辺りは青森県の酪農発祥の地です。
12.牛乳を買って飲んでみる。ウマイ!
  すぐ横がキャンプ場。広い場内を見学する。しかし、料金が高いので止める。
 

 DSCI5744.jpg DSCI5737.jpg

 DSCI5747.jpg




13.道の駅横の東屋の下で夕食・泊り。











 次の日、本当は昨年に来た奥入瀬渓流と八甲田山に行きたいが、雨・霧のため1~2日遠巻に様子を見る事にした。

DSCI5756.jpg


14.北東の五戸町、更に北の七戸町へと移動。このあたりのキャンプ場を探すもないので
  更に北の野辺地町近く清水目ダムキャンプ場に来た。ここで泊り。
  翌日天気予報を聞いていると、しばらくこの天気が続くようなので八甲田方面はあきらめる。




 DSCI5760.jpg 



15.南東へ走り、おいらせ町の下田公園に来た。 ここは、昨年も来て知っているので東屋の下で昼食。



DSCI5761.jpg




16.八戸町の港に来た。太平洋です。久しぶりの海。 







17.18. ここの水産科学博物館マリエントに入る。シニア料金があり、150円です。安い! 

DSCI5797.jpg DSCI5766.jpg

19.今度は南西に走り、南部町の道の駅なんごうに来た。ここは驚きです! 陸上トラック・
  芝の野球場・テニスコート・温水プール等 すごい施設がいっぱいです。 
  更に、[JAZZの館]もある。あいにく今日は休館日。なので今日はここに泊り明日入ろう。
20.翌朝、開館を待って入る。(無料)
  心地よいJAZZが流れている。オーディオセットを見るとなんと750万円する。いい音です!
  ピアノ・ドラムセットも置いてあります。 紅茶を飲みながらゆったり聴く!

 DSCI5800.jpg DSCI5809.jpg

   ここから南西に走り、道の駅さんのへに来た。地元の人が話し掛けてきて、聞いていると
   田子町のみろくの滝がいいと教えてもらう。

21.西に走り、国道から別れて数km,あるいて少し行くと滝がある。ここもクマが心配なので
   笛を吹きながら歩き、写真も撮る。

 DSCI5832.jpg

今日の泊りは、国道を少し戻った駐車場です。水もトイレもある。


 DSCI5850.jpg 





22. 次の日、田子町を走っていると、にんにく日本一の看板。









 三戸町から南に走り、岩手県に入る。
 二戸町に寄ったあと、九戸町の城跡公園で昼食。
 この辺りのキャンプ場を探すもないので、道の駅おりつめに泊る。

23.南に走り、平庭高原に来た。
24.標高は1,000m近い。白樺林が美しい!

 DSCI5877.jpg DSCI5890.jpg


DSCI5895.jpg




25.山ブドウワイン工房を見学。牛乳とチーズを買う。牛乳瓶の蓋を取ると、
  脂肪分が固まっている。コクがあってウマイ!








 更に南いある袖山高原に行ってみるが、すごい雨と霧。外に出られない!

 DSCI5901.jpg





26.南西に走り、くずまき高原に来た。牧場を少し見る。雨なので、今日も道の駅に泊る。






27.次の日、北緯40度線の看板をパチリ。

DSCI5917.jpg


   西へ走り、黒石温泉に来た。60才以上は300円、顔を見ただけでOK!

 
28.更に西へ走り、八幡平方面の安比高原スキー場に来た。広いスキー場だ。 

  DSCI5933.jpg
 
DSCI5947.jpg

   今日の泊まる所を探す。
29.県民の森キャンプ場に来た。
  雨が降っているが炊事場に車を横付けできるのでここに泊る事する。今日は私一人です。
 






30.翌日、すぐ近くの松川渓流に行く。遊歩道に苔むした岩がある。若い芽も出ている。
31.又、少し離れた岩手山の東側に、溶岩が流れた跡かある。

 DSCI5962.jpg DSCI5974.jpg

DSCI5982.jpg


32.この日の泊りは、岩手山南麓にある相の沢キャンプ場。今日も雨なので、
  東屋に車を横付けする。すぐ前は牧場。牛がたくさんいる。

DSCI6006.jpg
 



   翌日、網張スキー場を見る。ここも大きいスキー場で歴史もある。 
 


33.少し南側にある、雫石スキー場にも行って見る。プリンスホテルが運営し広い。





今日もずっと雨! 泊りは道の駅雫石にして夕食も建物の中にする。


34.翌朝雨が上がり、東方面の小岩井農場へ行く。 
  ここは酪農100年を経て、歴史を感じる展示物もある。
35.売店で、まろやかヨーグルトを買って飲んでみる。おいしー! 

DSCI6022.jpg DSCI6030.jpg

 盛岡市に来て城跡公園・歴史文化館を見たあと、北東方面に走り外山森林公園に来た。
オープン前でダメ! 

36.更に北東の岩洞湖家族旅行村に来た。 
  雨が降りそうなので、今回初めてタープを張る。
  すると、夕食中にすごい豪雨で気が付くと足元が川になっている!
  長靴を履いていて良かった!
37.翌日は晴れ! タープの他濡れた物を乾かす。

DSCI6096.jpg DSCI6092.jpg

   盛岡市の南側の、花巻温泉に来た。
38.安い温泉を見つけ入った後、花巻交流の森に来た。林の中のキャンプ場でいい所。
39.すると、管理人からイワナの差し入れです。ウレシー!

 DSCI6121.jpg DSCI6123.jpg

DSCI6127.jpg

   今日は雨の心配がないので、思い切り焚火ができる!
40.翌朝、又 饅頭の差し入れです。(管理人は温泉饅頭を作っている人でした)



DSCI6131.jpg



41.ここから南東方面に走り、宮沢賢治記念館に入る。 
   色々勉強や研究をしている人ですね。

DSCI6134.jpg





42.すぐ前の市博物館にも入る。 
   駐車場で車のテールゲートの下昼食。


DSCI6153.jpg


43.更に南東方面に行くと、丹内山神社がある。
  ここには樹齢約2,000年の杉の木の切り株があり、根廻り12〜13mもあり太い! 



DSCI6172.jpg




44.東に走り遠野市に来た。やはり博物館で勉強する。 






 遠野は、民話の里と呼ばれている。
 近くにキャンプ場がないので道の駅に泊る。
 50CCのスーパーカブで日本一周している若者と少し話す。

45.翌日、ここから今度は西に走り北上市を横断して、西和賀町の錦秋湖に来た。
  温泉300円、キャンプ場も300円です。私一人。焚火する。 
46.今回のキャンプ場旅行は、新鮮な野菜をと、鉢植えのイタリアンパセリを積んで来た!

DSCI6197.jpg DSCI5543.jpg

  翌日、北上市のHONDA店で相棒のホビオ君のリフレッシュ(オイル交換)をする。
 
DSCI6209.jpg

47.南へ走り、奥州市の歴史公園・えさし藤原の郷へ来た。
  ここは平安時代を再現している所です。 
  今日の泊りは、道の駅みずさわです。







48.翌日更に南へ走ると、平泉町です。 
49.駐車場に入れ、まず世界遺産の毛越寺(モウツウジ)に入る。広い庭園をぐるりと廻る。 

 DSCI6258.jpg DSCI6231.jpg
 

   次に循環バスで文化遺産センターへ行く。
   又、次に循環バスで中尊寺前で降り、坂道の参道を何回も休憩しながら登る。
50.しばらくすると右手に本堂があり、参道奥の左側に金色堂がある。
   今日は土曜日ですごいたくさんの人です。
   金色堂の中に入って見ると、螺鈿細工・蒔絵などの漆工芸や彫金は見事な物です。
51.目に良いと言われるお守りもあったので、小さい物を買いました。
 

DSCI6247.jpg DSCI6244.jpg

 又、循環バスで駐車場に戻りました。
 今日は本当に良く歩き、12,000歩を軽く超えた。

DSCI6275.jpg


52.温泉に入った後、道の駅厳美渓に来た。今日はここに泊る。
  夕食の準備をしていると、地元の人が来てしばらく話込んでいった。





  翌朝またその人が来て、しばらく話し込む。
  朝食もかたずけも大幅に遅れる。

DSCI6281.jpg




53.10時頃やっと出発。すぐ南にある厳美渓に来た。
  ここで久しぶりにフィルムカメラで撮影する。









54.ここから南へ走り宮城県に入り、伊豆沼サンクチュアリセンターに来た。
55.ここはラムサール条約登録湿地で、渡り鳥等いろんな鳥の事を学べます。

 DSCI6301.jpg DSCI6302.jpg

 西に走り、道の駅路田里(ロータリー)はなやまに来た。
 今日はここに泊る。雨の心配はない。


DSCI6317.jpg


56.翌日北西に走り、浅布渓谷の不動滝に来た。
 ここもクマが心配なので笛を吹きながらパチリ。早々に引き上げる。 






  南西の鳴子温泉郷に来た。
57.安い温泉を探し入った後、こけしの店に入る。
  この辺りも東北地方のこけし産地の一つです。 
58.次に鳴子峡を見た後、山形県に入る。

DSCI6325.jpg DSCI6337.jpg

DSCI6343.jpg



59.最上町を通り、道の駅尾花沢に来た。
  ここは、花笠踊り発祥の地です。
 






60.翌日出羽三山の一つ、月山に向かう。
61.夏スキーの聖地で、4月にオープンし7月まで滑れる夏だけのスキー場です。
  雪の重みでヒビが入った鉄塔の大修理中でした。 

DSCI6364.jpg DSCI6380.jpg

 山形県を南下し、小国町の道の駅白い森おぐにに来た。すぐ横はスキー場。 


 このキャンプ旅行もいよいよ終盤。
 新潟県を縦断し、長野県で泊まったあと6月下旬に帰宅した。

<まとめ>
 今回の東北キャンプ旅行Part-2は、28泊29日間でした。
 全走行距離3,461km

 泊った場所は、キャンプ場10泊(有料:3泊 無料:7泊)、道の駅:16泊、駐車場等:2泊でした。

 今年の天候は、最初の1週間はずーっと晴れ。その後の1週間は曇りが多く、
中盤の1週間は雨。最後の1週間は、曇りから晴れでした。

 焚火が出来たのは半分の14日でした。良かった!

 頂いた差し入れも、山菜天ぷら・イワナ・饅頭・ネマガリ竹等ありました。東北の人もやさしい!
 
今年も相棒のホビオ君も七変化してくれ、頑張りました。 大変な働きです!

 残念なのは、八甲田山に上がれなかった事です。
 でも、こうして毎年キャンプ旅行に行ける事は幸せだと思い、妻に感謝・感謝です!

 来年も出かける事ができたら、Part-3になるかも?

 
 長い記事を見ていただき、ありがとうございます。 おー疲れ様でした!

 

 
 

 
 

 





 

 
 





 
 
  




 

 
 Cs" obiIa"26=iട=ho
posted by hinatabokko at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

続:つくだ煮作り

 CUT_203.jpg

 今回のつくだ煮作りは、たつくりです。
 50g入りのたつくりを2袋使います。

 まず、魚の大きさがいろいろあるので、大・中・小に分ける。
 DSCI5461.JPG
 これは、一度に煎ると大きい物の火が通らないのに、
小さいものは焦げてしまうからです。(以前に失敗した!)

 大きい物から弱火で煎り始め、中・小と時間を置いて
パッリとするまで煎ります。
 DSCI5482.JPG

 煎り上がったらいったんフライパンから取り出し、
細かい煎りクズを取り除く。

 フライパンの中に、砂糖・しょう油・みりん・料理酒を入れ
ふつふつと煮立ったら煎った魚を入れ、菜箸でたえず混ぜる。
 水分が無くて来たら、再度 料理酒を入れ混ぜながら水分を
飛ばして火を止め、大きな皿に移し広げる。
 DSCI5483.JPG

 そして、ゴマを振って冷まし 出来上がりです。
 今回のたつくりも、又々上出来で 美味しい!
 孫のうーたんも大好きで、おかたな(お魚)くーだちゃあい! と 言ってくれます。

 
 

  
 
posted by hinatabokko at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

つくだ煮作り

CUT_203.jpg

 最近、つくだ煮作りに はまっています。
 売っているつくだ煮は、高い!
 夏のゴーヤのつくだ煮に始まり、たつくりのつくだ煮、そして、昆布のつくだ煮作りです。
 
 今回は、昆布のつくだ煮です。
 昆布は早煮こんぶを使い、ハサミで小さく切る。

 DSCI5282.jpg

 小さく切ったこんぶを水に浸しておく。
 干し椎茸を水で戻しておき、細く切る。

 DSCI5294.jpg

 鍋に、こんぶ・酢・しょうゆ・みりん・砂糖・酒・戻し椎茸・戻し汁を入れ煮込む。
 最初は強火、沸騰したら弱火にします。
 このままコトコト煮込み、1時間ほどで水気がなくなってくる。
 いい艶になってきました。
 時々、煮込み具合をみるのに摘まんでみて確かめる。
 最後に、ゴマをまぶして出来上がり。 

 DSCI5318.jpg

 おいしい! 妻も絶賛! 

 作り置きして冷蔵庫でいつでも出番を待っています。

  
  


 
posted by hinatabokko at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。